七五三当日に撮影するのか、前撮り撮影をするのか、どちらにするかで悩んでいませんか?

今回は七五三撮影でよくあるお悩みにお答えします。

お宮参り当日に撮影するか前撮り撮影するか
どちらにしよう?と迷っているご家族様が毎年多くいらっしゃいます。


一生に一度の七五三撮影を思い出いっぱいの最高のものにするために
当日撮影と前撮り撮影の両方の利点を知っていただいたうえ
それぞれのご家族様にぴったり合う七五三撮影をお選びいただけるようお伝えしますね!!


当日にする?前撮りにする?七五三撮影で失敗しないために

七五三★前撮り撮影のメリット

1、お子さんもパパやママも撮影時間を120%楽しめます!!

撮影の後にお宮参りを控えていると
子どもの様子が気になったり時間が気になったりしますよね。
「今日は七五三撮影だけできればOK!!」
だと本当に安心です。
お子さんもパパやママもイライラすることなくリラックスして撮影を楽しめます。
撮影の後は、美味しいご飯を食べに行ってごファミリータイムを満喫してくださいね♬

 

2、ロケーション撮影もできます!!

平日のお申込み限定で、前撮りでのロケーション撮影も可能です。
(後撮りもOK!!)

野外の開放感でお子さんがのびのびとして自然な表情が出やすく
パパやママにとっても
神社での七五三ロケーション撮影は喜びもひとしお。
清々しい空気の中でのロケーション撮影は大人気です♬

ご家族だけでは撮影できない自然なショットが大変喜ばれています!!
自然なショット満載の平日限定のロケーション撮影をぜひ体験してくださいね!!
※ロケーション撮影は別途料金が発生しますので下見の際にスタッフにお聞きくださいね。

 

3、七五三お宮参り当日に向けて着物に慣れておけます!!

パパやママにとってはずっと見ていたいと思うくらい
かわいい(かっこいい)お子さんのお着物姿。

だけど慣れない衣装に不自由さを感じてすぐに着替えたくなってしまう
お子さんもいらっしゃいます。
前撮り撮影で一度着ておくと
大切なお宮参り当日がスムーズにいきますね!!

 

4、お子さんの体調不良にも日時を変更することができます!!

混雑する秋のシーズンは
日程変更もスムーズに
いかない場合もあります。
前撮り撮影の日程を春や夏にしておくと
気候も良くて体調を崩しにくく
万が一、お子さんの体調が優れなくても撮影日の調整がしやすいですね。

 

5、お子さんの日焼けを気にせず夏を満喫することができます!!

日焼けしたお子さんの姿は子供らしくて元気いっぱい!!
ですが、着物の写真では、どうしても日焼けが気になってしまいます。
3歳、5歳、7歳の年齢で過ごす夏は1度限り。
七五三撮影が控えていて日焼けをなるべくしないように気にしながら過ごすのか
七五三撮影を終えて日焼けをまったく気にせずに大いに遊ぶのかで
夏の過ごし方が違ってきます。

海やプールで夏を満喫!!
したいご家族のみなさまには
夏前の4月、5月、6月の前撮りをおすすめします♬

 

6、大好きなおじいちゃんおばあちゃんにお披露目に行くことができます!!

前撮りの後、着物を着たままお出かけすることができます。
(脱いだままの状態で翌日の返却でOKなんです!)
その利点を利用しておじいさまやおばあさまなどのご親族樣やご親戚のみなさまに
お孫さんの晴れ姿をお披露目に行くことができます。

お宮参りの当日は
時間がなくて顔見せに行けない。
お宮参りの後、子どもがぐずってしまったら困るなぁ。
そんなパパやママにとっても好評ですよ!!

 

7、前撮りキャンペーンがあってお得に撮影できます!!

七五三のキャンペーンはもうすでに始まっています!!
詳細はこちら

5月末までのお申し込みで
特典が多数つきますよ。

フォトスタジオフォーレの七五三撮影キャンペーンは
こちらからご覧くださいね。
以下をクリックするとキャンペーン詳細が見れます。
https://studio-foret.jp/blog/4150/

続々とお申し込みいただいております。
ご家族様の撮影したい日程でご予約ができるのがベスト!!ですので
お早めにお問い合わせください。
ご相談はこちら

七五三★前撮り撮影のデメリット

前撮り撮影時から成長してしまう!!

最大でも半年ほどの差ですが、
七五三当日にはさらに成長した姿が見れて
前撮り撮影時とは顔の印象が違うと感じてしまうことがあります。
特に3歳など年齢の低いお子さんは変化が大きく感じられることもあるようです。
七五三当日のお子さんの姿をそのまま残したいとお考えのパパやママには
前撮りの日にちを11月により近い月日に設定するか
当日撮影が望ましいですね。

当日撮影はご希望の日にちがかなり早くから埋まってしまいますので
日程を決めてすぐにご予約くださいね。

 

パパもママも日程を2日間空けなくてはいけない!!

お仕事が忙しいパパやママにとっては
2日間日程をとるのはちょっと、と思われる場合もありますよね。
お仕事の関係などで2日間日程を空けることが難しい場合は
1日でお宮参りも撮影も済ませられる方が望ましいですね!!

 

新鮮味に欠ける!!

前撮り撮影の際に衣装を一度着用するので
七五三当日の感動が薄れてしまうことも
あるかもしれません。

この時限りのお子さんの(パパやママの)お気に入りの衣装を
2度も着ることができると考えてみてはいかがでしょうか。
「また同じのを着るの?」
とお子さんが感じている場合には、髪型や小物などで
前撮り撮影の時との違いを出すと喜んでもらえますよ!!

七五三★当日撮影のメリット

1.お宮参りも撮影も1日で済ませられて忙しいパパやママに嬉しい!!

神社へのお宮参りと七五三撮影を別日にすると
七五三のために2日間の日程が必要です。
当日撮影の1番のメリットは、働き盛りで忙しいパパやママが
1日でお宮参りも撮影も済ませられること。

ご祖父様ご祖母様が遠方から来られて一緒に七五三詣でをする際にも
1日でできたら嬉しいですよね!

2.七五三を迎えたそのまま姿を残すことができます!!

前撮りの時期によってはお子さんの成長によって顔つきに変化がある場合があります。
七五三を迎えた当日の、そのままの姿を残すことができるのは当日撮影の最大のメリットです!!

 

七五三★当日撮影のデメリット

時間に追われてしまいがち。

次の予定の時間が決まっていると、時間が気になって
お子さんの行動にイライラしたり焦ってしまったりすることがあります。
ゆとりを持った時間設定がお子さんだけでなく、パパやママが心地よい時間を過ごすためにも
大切ですね。

お子さんが疲れてしまったり眠くなってしまったりするかもしれません。

七五三のお支度、撮影、お宮参りを1日で済ませようとすると
半日かそれ以上の時間がかかってしまいます。
慣れない着物姿になることや初めての場所に行くことで
お子さんは緊張やストレスを感じて疲れしまうことも。
特に3歳のお子さんには
大好きなぬいぐるみやお菓子を持参するなどの配慮が必要です。

七五三のお宮参りではご家族でもたくさん写真を撮られると思います。
「いい顔して!」「行儀良くして!」
とせっかくの晴れ姿にたくさん求めてしまいがちです。
たとえにこやかな顔ができなかったり、ぐずついたとしても、
慣れない着物姿になって
慣れない場所に行った
ただそれだけでもお子さんはとても頑張りました!!
お子さんをたっくさん褒めてあげると自然体のいい表情を
見せてくれるかもしれませんね。

最後に★七五三撮影のおすすめポイント

七五三撮影にご祖父さまご祖母さまを呼ぼうかどうか迷われていませんか?
七五三のお写真をアルバムや台紙でプレゼントされるパパやママが
たくさんいらっしゃいます。

もし、近くに住んでいらっしゃるなら
お孫さんの晴れ姿を見るのを楽しみにしていらっしゃいますので

ぜひ、お声かけして一緒に撮影しましょう。
ご家族のみなさまで
お子さんの成長を語り合うとても素敵な時間を過ごせますよ♬

いかがでしたか。
前撮り撮影か当日撮影か
一生の思い出に残る1日にするためにお困りの点があればいつでもご相談くださいね。

七五三撮影のお子さんの自然な表情はスタッフにおまかせください!!


大切なお子さんとの思い出を一生ものとしてきれいに形に残せるように
お手伝いさせていただきますね。

 

フォトスタジオフォーレは一組一組のお客様に寄り添いながら素敵な衣装で撮影をさせて頂くフォトスタジオです。
成人式の前撮り撮影や成人式当日のお手伝いや卒業式の袴やお手入れまですべてさせて頂いております。
七五三はもちろんですがベビーフォト、ニューボーンフォトやキッズフォトマタニティフォト、プロフィール撮影…などたくさんの撮影をしております。
お着物や振袖、撮影の事はすべてフォトスタジオフォーレにお任せくださいませ!!

お子さまの撮影に関するお問い合わせ・お衣装の試着やスタジオの下見はいつでもどうぞ!

スタッフ一同心よりお待ちしております!!

竜王駅から車で10分
国道20号沿い竜王満足屋さん隣
満足屋竜王店と共同駐車場有

TEL : 055-244-7500

営業時間:10:00~18:45

定休日:毎週水曜日・木曜日

 

コロナウィルスの感染拡大を防ぐため
3月17日までの期間、営業時間を短縮して18時までとさせていただきます。

スタッフの健康管理に留意するとともに、スタジオの衛生面での整備を万全にして
ご家族のみなさまに喜んでいただける撮影をしてまいります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ご予約はこちらからどうぞ!